自動化ロボットは工場に必要?製造業の現状 人・コスト削減の対策について

ホーム コラム一覧 > 自動化ロボットは工場に必要?製造業の現状 人・コスト削減の対策について

01_mv.jpg

ロボットで工場の作業を自動化!ロボットが必要な理由とは

近年では、テクノロジーの発達により、製造業などの工場の作業を自動化するロボットが増えています。工場の規模に関わらず、様々なシーンで重宝されているのです。

この記事では、製造業の現状や課題を解説したうえで、工場の作業の自動化が必要な理由を紹介していきます。

工場の作業をさらに効率化させたいという方は、ぜひご一読ください。

工場は人手不足?製造業における現場状況と課題

製造業は、景気やデジタル化などの影響により、現場の状況が大きく変化することもあります。自社の状況をよくしていくためには、問題を把握し、改善していくために今ある課題としっかり向き合うことが大切です。ロボットによる自動化で人手不足を解消するなど、様々な対策が必要になってきます。

ここでは、製造業の現場状況と、直面している課題について解説するので、ぜひ参考にしてください。

製造業の現状

製造業に携わる企業の現場では、新型コロナウイルスの影響や、デジタル化がトピックとして挙げられます。

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスが流行したことにより、製造業の工場でも休業が必要になったり、経営が悪化して人員を減らしたりといった事態が発生しています。

スーツの男性

また、製造業においては、緊急事態宣言が発令されて外出の自粛やイベントの開催中止を強いられたことで、民間の消費がマイナスになったことによる影響も考えられます。

企業側では従業員同士の接触、密集した環境を避けるため、テレワークやオンラインを活用した業務の変革が続けられています。しかし、従来の環境からすぐに変更するのは簡単なことではないため、製造業は新型コロナウイルスとうまく向き合いながら、働き方を模索する必要があるといえます。

人材育成とデジタル化

生産性を高めるため、RPA・AI・IoTといった技術の活用を進める企業も増えてきています。デジタル化を進めることで、属人的な作業を減らし、作業に対応できる人員の幅を広げることができます。

また、作業の一部をロボットで自動化するなどの対応を行うと、人は人にしかできない部分の業務に集中することができます。デジタル化・自動化を進めると同時に、機械では対応できない、高いスキルが求められる作業に対応できる人材を育てていくことが重要です。

 
 

製造業の直面する課題

製造業が直面している一番の課題は「人手不足」です。製造業が人手不足の理由として、以下の3つが考えられます

技能人材が少ない

製造業では、専門的な技術を持った技能人材が必要不可欠です。しかし、多くの企業でこの技能人材の確保が課題となっています。特に中小企業では技能人材の不足に悩んでいることが多く、今後もこういった企業が増えてくると考えられます。

悩む男性

少子高齢化などによる労働人口の減少

日本全体として少子高齢化が問題となっており、若い世代が減少することで労働人口も減っているのです。

また、都市部に人口が集中し、地方では人材が確保できないといった人口の偏りも問題視されています。

工場に対するマイナスのイメージ

テクノロジーの発達により、エンジニアなどグローバルな仕事が注目される一方で、製造業や工場などに対して「残業が多くてきつい」「作業服が汚い」「機械で作業するのは危険」などといったマイナスのイメージを持つ方も多いようです。そのため、ワークライフバランスを重視している若者が多い現代では、工場などで働く仕事は好まれない傾向にあるといえます。

 

工場の人材不足の解決には、ロボットの導入も有効です。人の手で行っていた作業をロボットで自動化できれば、それだけ人員の削減につながります。

ロボットによる自動化をお考えの企業の方は、ぜひ株式会社ロボット応用ジャパンへご相談ください。ロボットコーディネーターとして、様々なご要望・課題・お困りごとに対応できるロボットをご提案いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

製造業における人手不足の解消・コスト削減について

製造業において、人手不足が深刻化していることについては先ほど解説しましたが、ではどのように人手不足の問題を解決していけばいいのでしょうか。人手不足を解消するには、省人化やコストの削減を早期に取り組んでいくことが重要となります。

ここからは、人手不足の具体的な対処方法、コスト削減の考え方を解説していきます。

人手不足にはどのように対処したらいい?

製造業の人手不足の対処方法として、以下の方法が挙げられます。

AI・IoTを導入する

最近ではAIやIoTといったテクノロジー商品が急速に発達しています。自動化ロボットなどの導入も、人件費の削減、生産性の向上などが見込まれます。自社に合ったシステムやロボットを検討し、積極的に導入を検討していくことがおすすめです

考えるスーツの男性

技能実習制度を使って外国人の積極的採用を試みる

技術実習制度を使えば、外国人と最長で5年間の雇用契約を結ぶことができ、人材を確保することが可能です。

しかし、外国人の採用に関しては、日本人を採用する場合とは異なる法の遵守が必要なので、まず環境整備に取り組む必要があります。

webメディアやSNSを積極的に活用する

工場で働くイメージが強い製造業は、マイナスのイメージを持たれていることがあります。そのため、自社のwebメディアやSNSを積極的に活用して、製造業や工場、自社のいいところをアピールするようにしましょう。

自社が現在何を目標にして、どのようなことに取り組んでいるのかなどを宣伝することで、認知される機会も増えていくはずです。

福利厚生を見直す

新しい人材を確保することももちろん重要ですが、今いるスタッフが退職しないよう、福利厚生を充実させることも大切です。

離職率が下がることは、採用や教育にかかるコストの削減にもつながります。

 
 

コスト削減の考え方と進め方

会社の利益は、「利益=売上価格-費用」で計算されるのが一般的です。コスト削減とは、利益のための企業活動費用を減らすことで、結果的に利益を増やすことにつなげる目的があります。

コスト削減の基本的な方法として、業務過程に無駄がないかを見直すことはもちろん、承認手続きの効率化や、コア業務以外の外注化などがあります。

コスト削減を行うステップは下記の通りです。

コスト削減

1.支出を可視化する

まずは自社の支出を把握することから始めましょう。コストには、エネルギーコスト・オフィスコスト・オペレーションコストなど多くの種類があります。

どこにどのくらいの金額を費やしているのかを明確にすることで、最終的にどのコストを削減するのかを判断できるようになるでしょう。

2.改善効果が高いものを優先して目標を設定する

支出を明確にしたら、次に改善効果が高いと見込まれる目標を設定します。電気やガスなどのエネルギーコスト削減、自動化ロボットの導入によるオペレーションコスト削減など、目指すべき目標は会社によって異なります。そのため、自社にとって最適なコスト削減の目標を立てることが重要なのです。

3.PDCAによる施策を実行する

目標が定まったら、社内で目標を周知し施策を実践していきます。施策を実行する際には、PDCAサイクルが重要です。

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の4つの段階を継続的に繰り返していくというものです。計画を実行した後は、必ず施策に対する評価や改善点などの洗い出しをして、今後につなげることを意識しましょう。

 

自動化ロボットで製造業や物流業をサポート!

製造業では、人材不足など様々な課題があります。よりよい経営を目指すなら、ぜひ作業の自動化もご検討ください。ロボットを導入して人の手で行っていた作業を減らすことで、人手不足の解消につながります。ロボットによる自動化のご相談なら、ぜひ株式会社ロボット応用ジャパンへお問い合わせください。

様々な方にお使いいただけるよう、簡単でわかりやすい設計のロボットをご提案いたします。全国対応も可能、アフターサービスも充実しております。製造業や物流業で自動化ロボットの導入をお考えなら、ぜひ一度株式会社ロボット応用ジャパンにご相談ください。

 
 dl1.png

 

〒273-0864 

千葉県船橋市北本町1丁目17-25

ベンチャープラザ船橋113室

roj_info@robotouyou.co.jp


​Tel:047-400-8312
Fax:047-400-8415
​URL:https://www.robotouyou.com/